給料が低い脱毛器
ホーム > マッサージ > むくみ対策としてのマッサージ

むくみ対策としてのマッサージ

お酒に含まれるアルコール摂取をすること、血管拡張に伴い血液内の水分が血管外に出ていくのです。

 

 

 

むくみの原因にもなる外に出た水分ですが、血液内にある水分量が低下したため脱水状態と脳が認識してしまい喉には渇きが表れます。

 

 

その症状の中で水分をとりお酒を飲むと水分が血管外にの繰り返しをいくことにより悪循環がむくみをさらに悪化させます。カリウムは、体の中のナトリウムを外へ外へと排出することができ、むくみをなくす効果があるようです。掃除に色々使えるクエン酸にはなんと体内の古い老廃物を綺麗にしてくれる働きがあります。それだけなくすごい効果がり健康な体でいるための新陳代謝をして血行をよくする働きをみせます。

 

それらのお陰で冷え性対策にもつながり、色々な面でむくみの改善が可能なのです。排卵期前の卵胞ホルモンが出る時期は、女性ホルモンの活動が強まり、多くの日は体の調子が良いというのですが、やがて排卵期が終わると、黄体ホルモンが作られて、その効果で余分な水分をうまく体外へ排出しづらくなります。それによって顔や足のむくみといった症状が現れやすくなり、太り気味になります。

 

嫌な足のむくみ対策は、長い時間同じ姿勢を取らないことです。デスクワークで同じ姿勢での作業が続いたときは、体操をときどき取り入れたり歩くなど、軽く足の筋肉をやわらげましょう。

 

足を組んだりする体勢は、足の血の巡りを悪くしてしまうので、あまりやらないようにしましょう。それに市販で売っている弾性ストッキングを、むくみ予防に効果を発揮するようです。小青竜湯の効果・効能:むくみ、花粉症、鼻炎など

 

 

 

むくんだ足を改善するには、仰向けになって足を壁に付けて「くの字」になり、両手で包み込むように撫でてあげるのも有効です。大きなリンパ節が鼠蹊部などに集まっているため、詰まっているとうまく流れなくなります。優しくもみほぐしてあげると、明らかに足からむくみが消えていくのが感じ取ることができるでしょう。