給料が低い脱毛器
ホーム > 糖尿病 > 初期症状がない糖尿病の怖さ

初期症状がない糖尿病の怖さ

糖尿病が恐ろしいのは、初期症状がないままに病気が進行してしまうことです。

特に生活習慣を主な原因とする糖尿病の場合、自覚症状がなければよくない生活習慣をずるずると続けてしまう可能性が高くなります。

それが病状の悪化を呼び、気づいたときには取り返しのつかないことになっているケースも少なくないのです。

 

糖尿病の自覚症状には、どのようなものがあると思いますか?

代表的な症状では、のどの渇きが挙がります。

これは、血糖値が上がったために、身体に水分が不足するからです。

どうものどが渇くので水分をたくさん摂るようになる、するとトイレに行く回数が増えてくると、頻尿になってくるのもわかりやすい症状の一つです。

また、エネルギー不足からくる倦怠感も典型的な糖尿病の症状の一つです。

身体のだるさがなぜ起こるのかというと、インスリンが満足に分泌されないためにブドウ糖が取り込めなくなるからです。

健康体なら、食品のブドウ糖を吸収することによってエネルギー源にできますが、糖尿病の人はそれがかなわなくなるのです。糖尿病の食事のポイント

 

では何をエネルギー源にして糖尿病の人は活動しているのか、ご存知ですか?

それは、体内に蓄積された脂肪や筋肉です。

糖尿病は太っている人の病気と思われがちですが、痩せている人でも発症します。

いずれにしても、脂肪や筋肉が減少することによって急激に痩せることがありますので、生活に変化がないのに痩せてきたという場合は注意したほうがよいでしょう。

ただ、糖尿病になって一番怖いのは、合併症です。

手足が壊死したり失明する可能性もあるため、生活習慣に心当たりがある人は、十分注意しておくべきです。