給料が低い脱毛器
ホーム > アトピー性皮膚炎 > アトピーでワセリンを効果的に使うには?

アトピーでワセリンを効果的に使うには?

 

アトピーは本来の健康な肌と比べ、肌のバリア機能が弱く代謝も衰えがちです。

そのような状態にワセリンを用いることは、バリア機能の強化を促し、新陳代謝をアップする意味を持ちアトピーの改善にも有効です。

 

温度変化やほこりなどの外部刺激をシャットダウンしてくれ、お肌の乾燥を防ぐ働きをするワセリンは高い水分保持能力でアトピーの強い味方です。

 

利用するときには、あくまでもお肌をワセリンで保護するというイメージを念頭に置き、塗りすぎは禁物です。ワセリンをたくさん塗りすぎると厚い蓋状態の保護を作ることになり、お肌の負担なることも考えられます。

 

またホコリや外部の汚れを吸着しやすくしてしまう可能性も否定できず、かえって外部刺激を引き寄せる原因ともなります。

 

塗るときには薄く、薄く心がけお肌に塗ります。

 

タイミングとしては乾いた状態よりも、お肌を化粧水やミネラルウォーターなどで一度湿らすなどの水分の補給を行った後が最も適切なワセリンの使い方になります。

 

この手間が水分を肌に留める作用となるだけではなく、ワセリンの伸びもよくなるので塗りすぎ防止にもなります。

 

本来の肌の機能を取り戻し健康な状態に導くワセリンは、アトピーの方のスキンケアにも推薦されます。消風散の効果・効能:アトピーや湿疹・あせもに